franz kafkaのゆるふわヒルクライム日記

RenaultとTransonic、Nirone、Roscoe達が、僕を高次階層の深淵へと連れて行ってくれる。

最大斜度25%の激坂、十三塚にリベンジ完了!(動画がタイムラプスになっちゃいました)

(タイムラプスコマ送り動画で良ければこちらです)

https://youtu.be/yqEjRiqjIcw

 

昨年だか一昨年だか忘れましたが、激坂チャレンジした際、車をやり過ごすのに足を止めて、余りの斜度の凄さに再出発出来ずに後半を徒歩で登ってしまった筑波山の十三塚。

満を持してリベンジです。

 

軽量化で補給食もボトルも持たない為、途中、四川厨房 福(ふう)さんに寄って中華おこげと胡麻団子を頂いてから、官衙遺跡へ。

f:id:transonic-elite:20200112230902j:image
f:id:transonic-elite:20200112230857j:image

 

 

f:id:transonic-elite:20200112165023j:image

僕は確り自転車道が分けられて居ない車道を通るのは嫌いなので、フルーツラインは成る可く避けて不動峠スタートです。

 

雨が降り始めたので一瞬DNSが頭を過りましたが、先程ふうさんに宣言してしまいましたし、此処まで来てDNSも何ですので何とかスタート。

 

f:id:transonic-elite:20200112165125j:image

一応、何時もの此処で写真でも撮るか。

 

f:id:transonic-elite:20200112165110j:image

あ、何か新しい案内板を設置して下さって居る。これなら初見の方でも間違えて裏不動下ったりしないので親切ですね。

 

f:id:transonic-elite:20200112165213j:image

朝日・不動峠側と、風返峠と、神社側からの合流が山頂方面のつつじヶ丘に向かう一見四叉路の信号の交差点。

 

 

f:id:transonic-elite:20200112165050j:image

見える人にしか見えない5個目の魔界の入り口がポッカリ開いて、深淵が貴方を覗き込んでいる⋯⋯

 

此処へ吸い込まれる様にダウンヒル

 

気を付けて!

下りは1km近く斜度-20%から下がらない。油断すると後輪が持ち上がってジャックしそうな程の異次元のダウンヒルです(マジです)。この坂はヒルクライム以上にダウンヒルにも気を付けて下さい。

 

コンクリ区間が終わって、斜度が少し緩むアスファルト区間に入りますが、それでもずっと斜度-15%⋯⋯

 

麓のセイコーマートに着く頃には握力やられてます。

 

異次元空間の所為で動画を撮影し忘れて、途中で気付いてスイッチオンにするもまさかのタイムラプスモードだった為、此処からはGoogle Earthでお楽しみ下さい。

 

(タイムラプスコマ送り動画で良ければこちらです)

https://youtu.be/yqEjRiqjIcw

 

 

f:id:transonic-elite:20200112221723j:image

さて、セイコーマート出発で最初の2km程は斜度1〜3%程度の略平坦。

 

郵便局や農協を過ぎ、果樹園団地に差し掛かる頃、ドーンと10%オーバーの直線坂が眼前に広がります。

f:id:transonic-elite:20200112221801j:imagef:id:transonic-elite:20200112221809j:image

 

この景色、何処かで見た事あるなぁ、と思ったら、あそこだ。福島の高湯温泉の登り始めの直登。あそこに似てる気がする。

この時点で既に8〜13%

然しこの後、斜度が上がる一方で殆ど下がる事は無い⋯⋯

 

f:id:transonic-elite:20200112221930j:imagef:id:transonic-elite:20200112221935j:image

区間に入ると斜度はずっと10〜15%

何だこの道?!と思ったら⋯⋯

f:id:transonic-elite:20200112222036p:image

略つづら無しの直登で筑波山登っとるやないかい!(偽関西弁)

 

 

然し十三塚が真の姿を見せるのは此処からです。

f:id:transonic-elite:20200112222841j:imagef:id:transonic-elite:20200112222847j:image

 

舗装路が終わり、コンクリ打ちっぱなしのゾーンに入ると、魔の直登・斜度オール20%越えの魔空空間です。

 

f:id:transonic-elite:20200112224758j:image

直登な上に両側に側溝。大きい車が来たら終わる⋯⋯

以前の32Tでは休むダンシングが効かず、踏まないとダメだった所へ自動車が来てアウトでしたが、今の僕にはインナーバロック&リアのロー34T&バレットウルトラのCULTハブのトリプル効果(+何故か腕の筋肉をすっごい消費しました)で、何とか休むダンシングで登れて居る。

イケる!前回足付きした所も越え、何とか登れて居る。斜度25%ゾーンもクリア!

前回キレキレの63kgでダメだったのに、今回は小雨で滑る中、体重も7kg UPの70kg、自転車乗るのも久しぶりなのにイケてる!

最近zwiftポタリング頑張って居た効果が現れたか?!

良いぞ!俺!

f:id:transonic-elite:20200112224856j:image

然し、何度も言うが、何回確認しても直登だよなぁ⋯⋯

 

f:id:transonic-elite:20200112225731j:image

(斜度がキツ過ぎて、コーナーポールの時空と位相が歪んでる⋯⋯(イメージ映像))

 

f:id:transonic-elite:20200112225822p:image

やった!ゴールだ!

 

今日は頂上のつつじヶ丘駐車場なんて行かね〜ぞ!もう帰るぞ!

 

(然し前回来た時はつつじヶ丘迄登ったのですが、十三塚がキツ過ぎた所為か、何時もは一番斜度が在る筈の風返し〜つつじヶ丘区間を、平坦かと脚が錯覚しました。)

 

 

 

・さて、今回初登板したロブスターミトンですが、気温5℃のダウンヒルでも全く問題無かったのですが、一点注意点を見付けました。

 

次回記事書きますね。

 

 

・後はTwitterのフォロワーさんで、

「パワメとスマートローラーどちらを買おうかなぁ」

と、悩んでいる方が居たのですが、確かパワメの数値をサイコン経由のANT+でパソコンのドングルに飛ばしてzwiftすれば、スマートじゃないローラーでもパワトレ出来る気がしましたので、其れも近々実験して、記事にしてみたいと思います。

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PVアクセスランキング