franz kafkaのゆるふわヒルクライム

RenaultとTransonic、Nirone、Roscoe達が、僕を高次階層の深淵へと連れて行ってくれる。

冬装備(その2) 手袋

グローブって難しいですよね。真冬用は暖かいですけど、スキー手袋してロード乗ってる感じがして操作感が犠牲になってしまいますし(前は本当にスキー手袋してました)。

 

そんな僕が秋冬で以前より愛用しているのがこれ。

f:id:transonic-elite:20201107113721j:image

これ、単なる薄手の長指グローブのクセに、結構な真冬でも指が痛くならないくらい快適なんです。

f:id:transonic-elite:20201107112338j:image

初めて知ったが

「サーキットウィンドシェルグローブ」

と云う商品名らしいです。

 

成る程、調べてみたら5〜15℃対応だったのね。道理で結構な寒い日でも快適な訳だわ。

 

 

で、今回TREKストアさんで見掛けて似ているグローブを購入してみました。

f:id:transonic-elite:20201107112445j:image

「サーキットサーマルサイクリンググローブ」

ん?ちょっとだけ商品名が違っている。

上述のサーキットウィンドシェルグローブとは異なるシリーズラインなのだろうか?

f:id:transonic-elite:20201107112344p:image

対応温度も13〜21℃。

成る程。温度帯が丁度一段上みたいだ。秋冬はこっちのサーマルサイクリングで、本格的な真冬はウィンドシェルって使い分ければ良いかな。



f:id:transonic-elite:20201107112322j:image

このonyoneはJAPANCUPの出店のテントで購入した普段使い用です。街中ポタやサイクリングロードくらいならこちらで良いかも。

 

 

 


f:id:transonic-elite:20201107112526j:imagef:id:transonic-elite:20201107112407j:image

そしてこれはスキー場でも通用しそうな真冬対応ミトンです。

指が纏められて居るので慣れないと何時もの癖で人差し指だけでブレーキ操作しようとしてしまい一瞬ヒヤッとするかもしれませんが(笑)、どんな真冬のダウンヒルでも大丈夫かと思います。raphaのオーバーミトンに似て居ますが、こちらはアウターシェルだけでは無くてちゃんと中綿入ってますのでそのままこれ一個で、インナーグローブ無しで使えます。冬場のヒルクライムで、このミトンを購入する前は、安いスキー用手袋をして居ました。何もサイクル用で無くても、スキー用等で代用も出来ますよ。バラクラバとか。

逆にスキーの時にオークリーのアイウェアやペツルのシロッコ(ヘルメット)を被ったりして居ます(最近はスキーも余り行ってませんけれども)。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PVアクセスランキング