Kafkaのゆるふわヒルクライム

servant達よ、僕を高次階層の深淵へと連れて行っておくれ。

JCRC’s legacy サーキットロードレース in 群馬CSC 2022(日光と金精峠を越えて群馬サイクルスポーツセンターへ) 〜沼田健康ランドで汗を流して帰宅〜

f:id:transonic-elite:20220812195942j:imagef:id:transonic-elite:20220811203818j:image

(僕も同じhigh ambitionジャージ着てたのに遅い走りでごめんなさい)

 

いつもお世話になっているhigh ambition女子サイクリングチームの代表さんと、女子メンバーのyuさんからお誘いがあり、JCRC’s legacy サーキットロードレース in 群馬CSC 2022に急遽参加させていただける事になりました!

 

初の群馬サイクルスポーツセンターへ。

 

お話しを頂いたのが大会の10日くらい前だったので宿探しが大変でしたが、なんとか近くの宿を抑えて参加。

 

サイクルスポーツセンター入り口」

の看板を見掛けて曲がったら結構な峠道を7〜8kmも登った先の山奥にありました。

f:id:transonic-elite:20220811200217j:imagef:id:transonic-elite:20220811194923j:image

 

そしてそんな斜度15%くらいの長い峠道を道の駅から自走で応援に来てくれた同じhigh ambition女子メンバーのさまりさん

f:id:transonic-elite:20220811195242j:image

いつもはRIDLEY乗りのさまりさんですが、今日は最近増車したと言うカーボンのBMC。

鬼クソカッケー!

 

RIDLEYと云うブランドのチョイスもそうですけど、BMCの赤×黒といい、山好きなところといい、前から思ってたんですが僕と嗜好が近いという気が(勝手に)しています。

 

 

〈参加者達〉
f:id:transonic-elite:20220811203932j:imagef:id:transonic-elite:20220811190148j:image

f:id:transonic-elite:20220812201031j:image

・yuさん

・dogma/S660さん

・金子ジャージさん

・僕

 

よくエンデューロヒルクライム大会に行くとロードスターボクスターなんかの後ろトランクに車外斜めキャリアでロード積んでる方はたまにお見掛けしますが、dogmaS660さんはS660の助手席車内にdogmaを積んでトランポしてます。僕も元2シーターオープン乗りとして感心してしまいます。

エントリー前の自転車置き場では隣にいらしたガチムチアイドルオタクのROPPONGIチーム関連のラテチさんが色々親切に教えてくださいました。レース中のyuさんの写真も撮ったりしてくれたそうです。

 

そんな中、レース開始前の会場内を黄色いspecialized(?)でグルグル走り回ってる小学2年生の男の子••••••。

 

yuさんに向かって

 

「ねーねーどこで会ったか忘れちゃったけどさぁ〜 どっかで会ったよね?」

と、しきりにナンパしてたらしいです。

しかもyuさん曰く初対面で一度も会った事ないそうですw

なかなかやるな、小学生 笑。

 

f:id:transonic-elite:20220812210720j:image

(スタート直前のyuさん達メンバー)

 

エンデューロ」と云う事でしたのでてっきりド平坦なのかと思い平坦機のnironeを持ってきたら、まさかの10%越えアップダウンありで一周6kmくらい(?)のなかなかのテクニカルコース。

 

とは云え僕はポタリングエンジョイ勢。

 

ライトやバックなどの自転車の付属品禁止ルールだったのでアクションカムを付けられなかったのでレース中の画像はありませんが、日差しを遮るものがない4輪車用サーキットコースのエンデューロよりは、木陰の木のトンネルを山ポタしているような雰囲気で僕的には楽しかったです。

 

f:id:transonic-elite:20220812212823j:imagef:id:transonic-elite:20220812212808j:imagef:id:transonic-elite:20220812212743j:imagef:id:transonic-elite:20220812212755j:image

(みんなガチレース頑張ってるのに僕だけこのカメラ目線の圧倒的ポタリング力••••••)

他にエンジョイ勢が皆無なので申し訳なく&居た堪れない••••••。

 

もてぎエンデューロあたりだと、上位1/3がリアルガチ勢。レーシングチーム所属のトップ集団。中位1/3がアマチュアガチ勢。残り1/3が取り敢えず参加のエンジョイ賑やかし勢だと思うのですが、この大会はルールからして手放し禁止やバックパック禁止、ライト付属品禁止など結構厳し目。ん?ひょっとしてエンジョイ勢は僕1人かな??ちょっと心配になってきた••••••。

「2時間エンデューロ」じゃなくて、2周でゴールの「ピュア初心者」クラスでエントリーのがお邪魔にならなかったかも••••••

 

ま、楽しく走れたし、いっか。

 

f:id:transonic-elite:20220811220413j:image

(スタート直前の様子)

 

案の定、最初の1周のパレードラン的なのから皆さん飛ばしてます。僕は早々に離脱。

僕1人が遅過ぎて後衛伴走のバイクも抜かして行ってしまいましたwww

伴走スタッフさん、済みません。

 

そして僕が1周終わる前に既に2周目に入ってレーススタートした先頭集団が抜かして行きます。

 

持久力は完全に先天的能力なので、僕には頑張っても無理無理。ゆっくり楽しみます。

 

500mくらいの平坦TT競技とかは無いのかな?それなら僕でも一寸だけ頑張れる気がする。

 

途中、苔生した巨岩とか、木の枝のトンネルとか、休憩所の東屋とかあって、ルールで禁止されて居なければ途中で寄ってゆっくり休憩して、頑張ってる皆さんの観戦とかしたかったです。

 

f:id:transonic-elite:20220812213239j:imagef:id:transonic-elite:20220812213322j:image

最初はソロで頑張っていたyuさん。後半はなかなかキツそうです••••••
f:id:transonic-elite:20220812213308j:imagef:id:transonic-elite:20220812213254j:image

そんな時救世主が。

 

先頭集団から降りて来たdogmaS660さんがyuさんの前を曵いて、そのままゴールまで行って下さったようです。

 

僕はと云うと、ゆっくり3周だか4周したところで残り時間45分くらいに。

ガチじゃない僕がもう一周して、皆さんもうゴールしてるのに僕のポタリング待ち、と云うご迷惑を掛けるのは違うと思い、途中DNFしました。

 

今回の大会はWALK RIDEさん主催なんですね。WALK RIDEさんといえば、3〜4年前に榛名山で「Pioneer Powerメーター講習会」に参加させて貰った事があります。

 

いつも榛名山に行く時は北関東道(?)で高崎まで行くのですが、だいぶ南回りなんですよね。

 

今回は日光の金精峠を越えて群馬県沼田市に降りてみました。沼田市から水上まで車で15分くらいだったかな?

もし次に群馬サイクルスポーツセンターに来る機会があったら、最初に狙ってたけど満室だったファミリーオか、僕が途中寄った沼田健康ランドに宿泊しても良いかも知れません。

 

 

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PVアクセスランキング