franz kafkaのゆるふわヒルクライム日記

ルノーとビアンキとトランソニックが、僕を高次階層の深淵へと連れて行ってくれる。

USBのハブを清掃(約¥4000) 〜序でにフロントホイールの左右方向の見分け方〜

最近、CULTハブのバレットウルトラ(ほぼ新品)をある方に譲って頂いて、USB以上の回転の軽さに感動して居る所です。

 

其れで思い出したのですが、そう云えばシャマルウルトラを最初に履いた時、余りの走行抵抗の無さに、アスファルトが氷上になったかの様な気持ちになりました。

物凄く感動して、それ以来ロードに深く嵌って行ったのを覚えて居ます。

f:id:transonic-elite:20190928204110j:image

「ろんぐらいだぁす」の亜美ちゃんが初めてロードで坂道を登って羽根が生えた様な、真波くんがヒルクライム親指シフトアップして羽根6本生える様な、大袈裟では無くあんな感じです。

其れ以前に履いて居たのが、鉄下駄ホイールにタンナスのオール樹脂製ノーパンクタイヤでしたので、回転抵抗やら重量やら、色々な要素が最底辺から最高級になった落差もあったと思いますが。

f:id:transonic-elite:20190928204123j:imagef:id:transonic-elite:20190928204126j:image

(その走行感覚、まるでガチガチの消しゴム)

 

なんですけど、最近シャマルウルトラに乗っても、最初の頃の感動が無いな〜、と感じて居て。まぁ、2年も普段使いして居れば、感覚も慣れちゃうよな〜、なんて思って居たのですが。

 

ところが最近、職場の方のレーゼロを履いて居るデローザに少しだけ試乗させて貰ったら

(アレッ⁈凄い良く回るし進む‼︎)

って感動して。僕のシャマルウルトラのUSBと同じUSBでも全然違いました。

f:id:transonic-elite:20190928214151j:imagef:id:transonic-elite:20190928214146j:image

漠然と感じて居たシャマルの回転抵抗増加は気の所為では無かったのだな、と。

 

で、今日何時もの自転車屋さんでホイールのオーバーホール清掃とオイルupをお願いして来ました。昼前に預けて、夕方には終わってました。お値段も4000円。安い。これで2年分のダストが取れて回転が初期性能に戻るなんて、実質タダ。何でもっと早くやって無かったのだろう。

僕は結構水でジャバジャバ洗車してしまうので、後輪にダストが入って結構汚れて居たみたいですね。何度か違うショップの高圧水&WAX洗車とかやった事もありますし。

 

 

〈前輪ホイールの左右間違い〉

ホイールのクイックリリースを外してメンテして居ると、偶に左右を間違える事があります。間違えて逆に付けたとしても、直ぐに安全に直結する程の危険は無さそうですが、正しい方向があるって事は、逆は何かしら良く無いのでしょう。

f:id:transonic-elite:20190928212325j:imagef:id:transonic-elite:20190928212330j:image

後輪はスプロケット(ギア⚙)があるので間違い様が無いのですが、フロントは、間違い易いです。ハブを開けるネジがある方がリリースレバーのある車体左側ですね。

f:id:transonic-elite:20190928215847j:image

これですね。

 

 

明日晴れて居たら、一寸慣らししてみようかなぁ。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
PVアクセスランキング にほんブログ村