franz kafkaのゆるふわヒルクライム日記

ルノーとビアンキとトランソニックが、僕を高次階層の深淵へと連れて行ってくれる。

磐梯吾妻スカイライン(ホテル予約完了!)

愈々梅雨明けの様ですね。瓦斯や噴火警戒レベルも下がって立ち入り禁止が解除された磐梯吾妻スカイライン。予てよりの宿題クライムに、今度行ってみる事にしました。

 

磐梯吾妻スカイラインの登りにある温泉街・高湯温泉〉

僕は以前(20年以上前)より、彼女が居る時には福島の高湯温泉には良く行って居りました。観光地化も其れ程されて居らず風情があって、そして何より硫黄の白濁湯が好きなんですよね。

 

然し乍ら、其の頃は全くロードバイクヒルクライムも興味が無かったので、スキーや温泉だけ入って帰って来てしまって居ました。今にして思えば何と勿体無い事をして居たのかと思いますけれども。

 

で、今回磐梯吾妻ラインの登り始めに位置する高湯温泉の宿を取ろうと予約の電話を何軒かしてみたのですが、何れの宿にも軒並み宿泊を断られる事態に⋯⋯。曰く、宿泊はお二人様からだとの事⋯⋯

 

何故?温泉宿って、こんな感じでしたっけ?今迄は二人予約だったから気付きませんでした。

 

まぁ、「あなた要らない」と言われて縋り付く程の執着心も無い人間なので、素直に引き下がり、福島西インターや福島駅付近のビジネスホテルで2泊3日の宿を探します。結果的には温泉宿一泊分よりもお安く、二泊三日を予約出来ました!

高湯温泉のお湯には入りたいので、温泉街にある日帰り施設の「あったか湯」さんには車で入りに行こうとは思っていますが、お一人様の方で高湯温泉周辺に宿泊しようと云う方は要注意です。

お湯は最高に気に入って居たし、過去何度もリピートして居ただけに、一寸残念です。

 

まあ、下界からでもこの距離ならば、行けるっしょ。

f:id:transonic-elite:20190724223238j:image

 

温泉宿の予約の件では少しモヤりましたが、兎も角、自転車では初となる磐梯吾妻ラインのヒルクライム、楽しみです。

 

晴れると良いなぁ。

 

未だ未だ先の話しですが、行ったら動画やブログUPしますね。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
PVアクセスランキング にほんブログ村