franz kafkaのゆるふわヒルクライム

RenaultとTransonic、Nirone、Roscoe達が、僕を高次階層の深淵へと連れて行ってくれる。

自転車を部屋まで持ち込めるホテル(3連泊 その②) 星野リゾートBEB5 土浦

2泊目は土浦駅直結!

自転車でそのまま入れるホテル、星野リゾートで話題のbeb5土浦さんです。

 

f:id:transonic-elite:20200702074307j:image

お風呂場がガラス張りでセクシー💕(ちゃんとカーテンあります)。


f:id:transonic-elite:20200702074350j:image

流石に広さは充分。


f:id:transonic-elite:20200702074301j:image

夫婦やカップルで来ても、二段式壁掛けラックで余裕です。

 

f:id:transonic-elite:20200702074326j:image

僕はと云うと、MTBのハンドル幅と重さの所為で壁掛け出来ず。

親切なフロントスタッフさんから後輪ラックをお借り出来ました。

 

⋯⋯なんですが、roscoeはタイヤがセミファットなので後輪ラックにもタイヤ入らず。折角お借りしたのに済みません⋯⋯。

何時もの様に壁に立て掛けました。

ロードは勿論ですが、普通のMTBならお借りした後輪ラックで大丈夫だと思います。


f:id:transonic-elite:20200702074338j:image

ちゃんと壁に傷や汚れが付かない様に。


f:id:transonic-elite:20200702074343j:image

駅直で駅のホームや電車から丸見えなので鉄な方々にもお勧めかも知れません(僕はホテルでは基本裸族なので、即カーテン閉めました。一般の方もお風呂上がり等にはご注意下さい)。


f:id:transonic-elite:20200702074313j:image


f:id:transonic-elite:20200702074357j:image

床も、ベッドサイド以外は硬めのタイル風なフローリング。自転車での入室を考慮されている感じがします(因みに自転車は良いけど土足は禁止です。自転車ファースト!)。


f:id:transonic-elite:20200702074319j:image

 


f:id:transonic-elite:20200702074332j:image

あ、駅の2階では弱ペダの展示イベントコーナーがありました。

f:id:transonic-elite:20200702075731j:image

あ、渡辺さん僕と誕生日近い⋯⋯。

 

 

※※※※※※〈注意点〉※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

こんな感じで、流石に後発、かつ星野リゾートさんだけあって部屋的、そしてスタッフさん達的にも、そして土浦駅の自転車アクティビティ的にも最高に良い感じのbeb5だったのですが、宿泊に関して一寸注意点と云いますか、いや、星野リゾートさんには全く落ち度は無いのですが、幾つかの感じた点を挙げたいと思います。

 

 

※その①  立体駐車場に注意 ※※※※※※

 

僕はこんな感じで天井キャリアに自転車を積んで移動するのですが

f:id:transonic-elite:20200702080506j:imagef:id:transonic-elite:20200702080456j:image

BEB5土浦さんは元が駅ビルなのでホテル駐車場はありません。駅の東西にある市営の立体駐車場に停める事になります。まあ、1泊2日で前日の午後早くから翌朝まで一晩中駐めても1000円なのでそれは良いのですが、東西何れも立体駐車場です。自転車を積んでうっかりそのまま入ると低い天井で自転車が

「ガッシャーン‼︎」

しちゃうと思います。

 

僕はどうしたかと言うと、駅の西側駐車場は入り口から直ぐ立体なので天井が低いのですが、東側駐車場(霞ヶ浦側)は入って直ぐのところに平面スペースがあります。そこで取り敢えず自転車を下ろして自転車だけでホテルにチェックインし、その後徒歩で駐車場に戻り、通り掛かりの通行者がそのままフラッと侵入出来る平面は避けて、監視カメラを多数クリアしないと入り込めない立体の高層階に移動させました(防犯上)。

あ、因みに西口から東口に行くのに、幾つか常磐線の高架下を潜る低いトンネルの所があります。そこも絶対自転車を積んだまま潜らないよう注意して下さい!

常磐線は、潜って渡る高架下には行かずに、必ず橋上を渡る車道で上から行って下さい。

 

で、翌朝はどうしたかと云いますと、早朝に自転車以外の荷物を持って駐車場に外出して車を霞ヶ浦総合運動公園の無料駐車場に移動。

f:id:transonic-elite:20200702081240j:image

(この風車や「霞浦の湯」さんがあるところです)

 

で、荷物はそのまま車に置いて徒歩でサイクリングロードを気持ち良く早朝お散歩(20〜30分位?)で土浦駅まで手ぶらで帰って再びお部屋にイン。

BEB5さんはチェックアウトが11:00とすごくのんびり出来るのでゆっくりシャワーや朝食など済ませて、10時開店の1階の自転車屋さん「ル・サイク」さんでサイクルジャージやサコッシュなんかをお買い物。タリーズでカフェ。ミニストップやドラッグストアで水分や補給食を購入。

その後で11時に自転車と身体とメットとザックだけでホテルをチェックアウト。

今度はサイクリングがてら土浦駅から霞ヶ浦沿いのサイクリングロードを車まで自転車で移動。

 

って感じで対処しました。

 

 

※その②  自転車でどう3階まで? ※※※※※※

 

僕は、今まで色々な自転車ホテルにも泊まってますので自転車を縦にしてエレベーターに載せたりするのには慣れています。

 

が、そんな僕でも、土浦駅の利用者や学生さんなんかの一般利用者さんがバンバン使っているエレベーターに自転車を載せて3階まで上がるのは一寸躊躇しました。初心者さんやカップル・ご夫婦さんだと更に憚られるんじゃ無いかなぁ⋯⋯。

 

「こちらのエレベーターはBEB5の宿泊客様、自転車様優先になります。」

 

と迄は行かなくても、

 

「自転車の方、どうぞこちらのエレベーターを遠慮なくお使いください。」

 

みたいに書いておいてくれていれば、遠慮なく使えるのですが⋯⋯。タリーズとルサイクのところのエレベーターとか、どうですかね?

 

で、僕は結局、シクロクロスの大会みたいな感じで肩にMTBを担いで駅の階段を3階まで上がりました。

 

コスト的に新しいエレベーターの設置は無理にしても、歩道橋等で良くある安いコンクリ打ちっぱなしとかの感じでも良いので駅の階段の端っこにスロープみたいなのを作って貰えると、女子や初心者さんも3階に上がり易い気がします。

 

(あ、先程言った駅東口の立体駐車場、立体の3階と駅の3階が広い通路で直結してるので、自転車を車内積みして居る方ならば、逆に車から自転車下ろしてBEB5さんの3階フロントに直アクセス出来て、良いかも)

f:id:transonic-elite:20200822161252j:imagef:id:transonic-elite:20200822161248j:image

※但し、天井の高さが2.5mなので、自転車の天井キャリア積みは勿論ですが、ワンボックスや4駆なんかの背の高い車ですと、キャリアだけでも引っ掛かりそう⋯⋯。

 

 

そう云った意味では、次の3日目に宿泊した「グリーンコア土浦」さんは本当にアクセスにストレス無く宿泊出来ました。

 

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PVアクセスランキング