franz kafkaのゆるふわヒルクライム

RenaultとTransonic、Nirone、Roscoe達が、僕を高次階層の深淵へと連れて行ってくれる。

カンパニョーロのシフトカバーを交換

f:id:transonic-elite:20210107210048j:image

(ワセリン。アルコール消毒で荒れたお肌にどうぞ。通常のハンドクリームより被膜の耐久性があります。スパーリング前のお顔にも。)

 

 

f:id:transonic-elite:20210107195152j:imagef:id:transonic-elite:20210107195026j:image

(交換前の画像)

やっぱ、黒×ピンクのバイクに赤いシフトカバーは浮くよねぇ⋯⋯

 

昨日これを見たBianchi sprintさんも

 

「シフトカバーの赤を黒にした方が良い!」

 

って言ってたし。

 

僕も段々そう思えて来た。

幸いウチにはコーラスとスーレコ(どちらも同じスーパーシフト11速用)の使っていない純正(黒)のシフトカバーが余ってる。

※(シフトカバーは「ウルトラシフト」と「パワーシフト」でゴムの形状が異なりますのでご注意下さい。年式や11s・12sの違いは知りませんが、多分異なる気がします。)

 

ショップの店長さんには

 

「カンパのシフトカバーは固すぎて家での交換はお勧め出来ませんよ?⋯⋯」

 

と、以前脅かされては居たのですが、我慢出来ずに自分でやっちゃいました。上手く行きましたよ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

〈カンパニョーロのシフトカバーの交換方法〉

 

①シフトカバーの前後を捲って、シフト側と、新しく付けるシフトカバーの裏側にもワセリン(グリースでも可か?)をたっぷり塗りたくる。

f:id:transonic-elite:20210107210048j:image

作業時はさっき塗ったワセリンで手がヌルヌルベタベタなのでドラッグストアで購入した医療用ゴム手袋を装着(逆に作業時の滑り防止)

※(手袋と素手の手順は、逆でも構いません。要はカバーとシフターの間はワセリンでヌルヌルにしつつも、その滑るワセリンが付いていない手と外被側の状態で脱着作業が出来ればオッケーです。)

 

②シフトカバーの後ろ側を捲って親指シフトレバーをスリットから外す。
f:id:transonic-elite:20210107194829j:image

 

※その際にシフトカバー裏側にはズレ防止のポッチが2個、四角い突起も2個、合計4つの位置ズレ防止の突起がハマってますので、これをぶっ千切らない様注意して下さい。
f:id:transonic-elite:20210107194908j:image

 

③フロント側を後ろにズラして外す
f:id:transonic-elite:20210107194936j:image

 

④無理くり前から外してレバー側(下側)からカバーを抜く
f:id:transonic-elite:20210107194801j:image

 

 

※付け方はこの反対の手順です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


f:id:transonic-elite:20210107195229j:image

うん!

やっぱり黒×ピンクの方が統一感がありますね!
f:id:transonic-elite:20210107195105j:image

カッコカワイイ✨✨✨

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PVアクセスランキング