franz kafkaのゆるふわヒルクライム日記

ルノーとビアンキとトランソニックが、僕を高次階層の深淵へと連れて行ってくれる。

八方ヶ原 ヒルクライム 2019 (YouTube動画あり)

昨年も参加し、職場チームのライドでも度々遊びに来ている八方ヶ原のヒルクライム大会に参加して来ました。

f:id:transonic-elite:20190818193958j:image

 

取り敢えずRelive動画です。

https://www.relive.cc/view/gh39142106108

 

これ見ると、略(ほぼ)、直登みたいなもんじゃね〜か!((( ; ՞ਊ ՞)))

道理でキツい訳だわ⋯⋯。

 

f:id:transonic-elite:20190818230819j:image

朝、現地に着いてから、この駐車券が中々見付からず、

 

(あ、はい、もう帰ろう!)

 

と、何時もの悪いDNS癖が出掛かるも、ギリ紙が見付かってDNSは免(まぬが)れました。

 

 

今回はアクションカムも撮影してみました。

山の所為か距離のGPSが上手く拾えて居なかった様なのですが、斜度等はちゃんとガーミンと画像を同期出来ました。

 

https://youtu.be/S_Atqs0BBJk

(YouTube動画です。長編動画ですので適当に早送りして見てみて下さい。)

自宅の回線が遅いので、画質最低に設定して居ます。見難かったらごめんなさい。逆に、「俺が勝手に写されてる!」とかあったら教えて下さい。

 

動画の走りは全く参考にならないと思いますが、斜度やコースの雰囲気などご参考になさって下さい。本当はスタートからの距離も表示して、「スタートから何キロ地点でこれ位の斜度」と云うのが役に立つかな〜、と思ったのですが、山でGPSが上手く計測されなかったみたいです。

次に遊びに行った時にでも、もう一回計測してみますね。

 

お勧めの見どころは⋯⋯

 

・スタート直後3分25秒、スタート直後にも関わらず、左側のトイレに早速寄って、トイレ出発後に後発グループのスタートに巻き込まれる風景

 

・1時間4分10秒付近、給水所で休憩後の平坦区間、アウタートップで踏み捲るも、僅か1分強でボーナスステージのターボ区間終了する辺り

 

・1時間9分00秒過ぎに一人の女子選手に抜かされるのですが、そのお姉さんが、後ろから来たブリッツェンのサポートカーに気付き、前の走行中のおじさんに「車通りま〜す」と呼び掛けて居て、其れに対して僕が1分遅れ位で「偉いなぁ⋯⋯」と独り言を呟いて居る所

 

・1時間31分30秒付近で、森の中で休憩中にセブンイレブンの黒糖わらび餅が旨くて感動して居たら、スタッフさんが心配して声を掛けてくれました。

そしてその後1:32.05辺りの対向車注意のホイッスル2回の後、

「あ、旨っ!コレ!」と思わず呟いてカメラに黒糖わらびを写して居る所

 

・1:32.55 黒糖わらび休憩が終わって出発しようとしたら、流石のグランプリ5000 28cも、wet路面で後輪が空転したところ

 

 

⋯⋯等と言った辺りですかね。

 

他に何か面白い所があったら教えて下さい。

 

 

f:id:transonic-elite:20190818193923j:imagef:id:transonic-elite:20190818193931j:image

スタート前は雨もパラつき、「山頂は雨です」と云うアナウンスもあったのですが、着いてみれば何時も曇りばかりの頂上が珍しく晴れて山の景色も観る事が出来ました。

f:id:transonic-elite:20190818193958j:imagef:id:transonic-elite:20190818193937j:image

(御亭山ヒルクライム大会のボトルをコアラ化して着けてます)

標高が高いので、何時もは真夏でもウィンドブレイカー持参必須なのですが、今日の下山は上着不要な位の暖かさでした。

 

今年は昨年よりも5キロも体重が増えたので⋯⋯

f:id:transonic-elite:20190818195121j:image

 

まさかのタイム最長記録更新!笑

2時間近く掛かってる。笑

 

降りて来たら下も凄く暑くなって居たので、体調が悪くなる前にみんなで早めに帰りました。昨年はビンゴ大会(?!)的なものもずっと参加して居たのですが。

 

いや〜、然し僕も今シーズンは沢山泳いで・走って・スパーして、体重戻さないと駄目だな、って思いました。

 

でもまぁ、僕は大会は頑張らないのがモットーなので。一人の時で、体調と気分が良くて、気が向いたら、頑張るかも知れませんが。

持久力や短距離力は完全に先天的な能力だし、僕は直ぐに諦め易くて頑張る精神力も弱いので、頑張っても仕方が無い。頑張れない。

 

僕のパラメータは(自称)短距離全振りタイプなのです。(陸上競技経験は全く無しですが、軍の教育隊では50m走が6.03秒で、隊で2番目に速かったのです!(20年以上前の、まだ僕も活きが良い頃のお話しですが⋯⋯笑))

 

自転車は持久力スポーツなので、短距離タイプの僕の場合は努力しても無駄。楽しくハイキング感覚で登る事が出来れば、それで良いのです。

 

然し、八方ヶ原は最初から最後まで略10%超えで休み所が殆ど無いですね⋯⋯

 

疲れました。

 

 

まことの湯の割引券とか、チーズファクトリーのアイス券貰ったので、またお休みの日に矢板に来ますね。

 

八方ヶ原ヒルクライムの参加者は結構ガチ勢が多いので一般の方は敬遠しがちかも知れませんけど、僕の様なユルフワ系も登ってますし、終わった後のイベントも楽しいので、皆さん是非参加してみて下さいね。

(あ、でもコースがリアルにアルプデュエズと同じ位のプロファイルらしく結構厳しいので、ヒルクライム完全初心者、と云う方にはお勧め出来ないかも知れません。其の場合は応援バスも出てますし、前夜祭のイベントもあるみたいですので見物だけでもどうぞ。)

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
PVアクセスランキング にほんブログ村