franz kafkaのゆるふわヒルクライム日記

ルノーとビアンキとトランソニックが、僕を高次階層の深淵へと連れて行ってくれる。

御亭山TT 2019

<面白そうなヒルクライムTT大会を発見‼︎>

f:id:transonic-elite:20190308083953j:image

 

先日、さいたまサイクルフェス行った時の、栃木県ブースの資料。沢山あり過ぎて放置して居た(栃木ブースの方ごめんなさい🙇‍♂️ 後でゆっくり落ち着いて全部熟読する予定でした)。

f:id:transonic-elite:20190308084502j:imagef:id:transonic-elite:20190308083933j:image

其れを当直中に読み返してみる。すると、面白そうなTT大会を発見!

 

f:id:transonic-elite:20190308084300j:image

「御亭山TT2019」

http://koteyan-tt.com

 

ヒルクライムなのにTT大会。平均斜度6.1%、距離5.2㌖の第1ヒートと、平均斜度8.2%、距離1.8㌖の第2ヒートがあるようです。

 

 

僕は山やヒルクライム好きな割に、長距離や持久走的(其れと根性)なものは苦手で昔から短距離系(20代の頃の職場の50㍍走で確か6.0秒でした。まあまあ速い⁈教育隊でも上位陣でした。  1500㍍走は4分35?5分35だったかな?忘れた。こっちは普通よりチョイ速程度だった気が)が得意でしたので、山も、斜度に余り関わらず短いコースだと、自分の筋肉がタレるのと精神が諦める前とにゴール出来るので、運が良いとまあまあのタイムとランキングが出るのですよね。

 

古賀志山クライムとか、鳴滝ヒルクライムとか、サンヒルズ手前とか。大体1キロ以内?前後位?の所。

戸祭ヒルクライムでは一時期ストラバのKOM持ってました!(今は陥落しちゃいました 笑)

 

鹿沼の富士山ヒルクライムとかも短距離クライムのスプリントだし、興味あるなぁ⋯⋯。

 

まあ、今更入賞出来るなんて全く思っては居ないのだけれども、普段ロードバイクでも課金以外には余り頑張らない自分が、珍しく頑張れる機会として、一寸出てみようかなぁ、なんて思ったりして居ます。

 

 

其れにしても最近、自治体さんで自転車フレンドリー推しのところが多い気がします。

 

 

嬉しいですね。もっと増えて欲しい。僕的には公式に、高速道路の自転車走行帯なんてのが出来て、其処を自転車で移動出来たなら、夢が拡がるなー、なんて空想しています。

去年千葉の開通前の湾岸高速か何かでそんなイベント有りましたよね。あれ、行きたかったなぁ⋯⋯。
f:id:transonic-elite:20190308084256j:image

 

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
PVアクセスランキング にほんブログ村