franz kafkaのゆるふわヒルクライム

RenaultとTransonic、Nirone、Roscoe達が、僕を高次階層の深淵へと連れて行ってくれる。

いいことなのか、それとも悪いことなのか、分からない。

でも多くの人間がそうであるように、僕もまた、自分の生まれた国で育った。

 

そして、ごく中流の家庭に生まれつくことができた。

 

だから、貴族の不幸も貧乏人の苦労も知らない。別に、知りたいとも、思わない。

 

(映画『オネアミスの翼』冒頭より引用)

 

 

こんなにも良い天気と暖かい陽気だと云うのに気分が乗らず、面倒になり何時もの様にサイクリングをDNSした僕は今日、世の自粛要請に背を向けて、クロスバイクで映画館に『PSYCHO-PASS 3 FIRST INSPECTOR』を観に行って来ました。良い事なのか、それとも悪い事なのかは、分からない。

https://psycho-pass.com/

 

途中、高校の前を通ると、テニスだか野球だかの部活の練習が普通に行われて居る。これって休校に意味あるのだろうか?⋯⋯

 

そして、僕がtransonicでお世話になって居た自転車屋さんの旧店舗の前を通ったら、移転に伴う閉店で取り壊されていた。

まあ移転だから潰れた訳では全く無いのであるが、思い入れのある場所が取り壊されて居るのは、何だか少し寂しい。

 

映画館に着くと、お客さんは全館合わせて10人も居ない。

モールのお客さんも少なくて、飲食店のお客さんも殆ど居ない。お店の人達がとてもとても可哀想だ⋯⋯。

僕1人ではどうにもならないかも知れないが、カフェで珈琲☕️と、中華屋でラーメン🍜を食べて僅かばかりの応援をしてみた。

 

綺麗な桜の下で孤独に草を喰むアルパカさんだけが、只々(ただただ)可愛くて、より一層僕の感傷を加速させた🦙🌸

f:id:transonic-elite:20200405061532j:image

 

自転車のイベントも悉く中止に追いやられて居る。主催者としては、世論の「けしからん!」や、モンスタークレーマー・ノイジーマイノリティーが煩いのでセルフディフェンス的にはやむを得ない事なのだろう。

 

然し、これらの事って果たして本当に良い事なのだろうか?正しいのだろうか?

 

僕は良い。職場でちゃんと頑張っていれば、多分給料は減らないし無くならない。

 

僕には守るものも大切な人も誰も居ない。自分の個人的な興味とスキルと思い付きで偶々運良く辿り着いた今の居場所に拾って貰えて、何とか仕事をさせて貰って居るけれど、感染よりも、自分が楽しく自転車に乗れなくなる事だけが怖い。

 

(ただ、最近志村さんが亡くなられたのはとても悲しかった。)

 

けれども、インバウンドやオリンピック等の大型経済重視で入国制限を遅らせると云う最大の選択ミス(正にPSYCHO-PASS 3期のストーリー中でファーストインスペクターである梓澤廣一が言うところの「あ〜あ⋯⋯おたく、選択間違えてますよ?」)をしてVirusを拡げた張本人である国が、今度は国民に保証無しの自粛だと言う。お店の人達は、一回だけ30万円貰って、国は選択と責任をこちら側にパスして委ねて、それで済む話しなのだろうか。お店の人達は可哀想過ぎではないだろうか。

 

国を批判して居るが、僕は反日左翼では無い。寧ろ酷く右寄りな元軍人だ。

 

その意味で、ヌルい文民統制なんて下らないシステムだと考えていた。

 

ところが今は逆の意味でそのシビリアンコントロールに疑念を抱いている。

 

恐らく彼らは、自分達の富と立場を守るのが至上命題で、それをただ只管(ひたすら)守るだけのゲームをプレイして居るラウンドロビンの卓に着いて居るだけに過ぎない劇中のCongressmanと同じではないだろうか。其れは愛国と云うセーフティーな哲学基盤が一応存在する軍人統治以上に、非常に危ういのではないか。もうシビュラシステムを本当に構築して人工知能に公正に統治して貰った方が日本は良いのではないだろうか。

 

「雨は蕭々と降っている」と云う『大阿蘇』のフレーズを30年振り位に映画館で聞きながら、そんな免罪体質でもある僕の中のアイデンティティの全体性が少しだけゲシュタルト崩壊し掛ける様な哲学的思索を、久しぶりに体験しました。

 

流石PSYCHO-PASS

f:id:transonic-elite:20200404234046j:image

「犯罪係数008。執行対象ではありません。トリガーをロックします。」

 

非正規制度や移民の拡大もそうだけど、国が経済強者だけを守って末端の国民を愛する気が無いのだとしたら、僕らだけが自粛をして国を守る義理は果たしてあるのだろうか⋯⋯。

 

僕はこれからも自粛ムードは気にせずに山にサイクリングに行きます(とか言って、滅多に気分が乗る事が無いので結局余り出掛けないのであるが。)

 

まあ最悪僕が行く様な山なら山奥過ぎて誰も居ないし、僕は単独RIDE中にはtransonicが大事過ぎて1分たりとも放置出来ないと云う理由で一切コンビニにもお店にも寄らないし(それはそれで飲食店やコンビニ店には申し訳無いですけれども)、出先で知らない他者と話す事などもしないコミュ障ですので、それで勘弁して下さい。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PVアクセスランキング