franz kafkaのゆるふわヒルクライム

RenaultとTransonic、Nirone、Roscoe達が、僕を高次階層の深淵へと連れて行ってくれる。

大改修その① シフターをsuper record化!

f:id:transonic-elite:20201124200038j:image
f:id:transonic-elite:20201124200418j:image

 

「悩む理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめておけ」

 

 

最近、太って遅くなった割には、自転車には慣れて来たせいかポジションが窮屈になって来ました。ビアンキのサドルが低い気がしたので、トランソニックに合わせてもっかい上げて再調整してみたり。

そのトランソニックも、上半身が起き気味過ぎる気がして、もっと遠くを持ちたいなぁ、と。

 

で、以前TREKのプレシジョンフィットをやった時に、当時の店長さんに

「本当はステムもう1cm短くても長くても良いですよ。」

と言われたのを思い出しました。

けれども、

「リラックスして乗るならこのままでも良いですし、ステムなんてそんなに頻繁に交換するパーツでも無いので、機会があったり、鍛えてポジション変えたくなったりしたらその時で大丈夫です」

とも言われていたのでした。

 

今がその時か?と。

 

加えてもう一つ。

 

僕のシフターは上にしゃくり気味で装着して居ます。

f:id:transonic-elite:20201124193659p:imagef:id:transonic-elite:20201124193724j:image

(組み上がったばかりの頃の初期transonic。その後コラムカットしたりはしたものの、シフター位置のシャクレ具合は基本今も一緒)

 

最初は

(まあどうせ下ハンなんて絶対握らないし)

と云う事で楽な初心者ポジションだったのです。

が、峠の長い下りやサイクリングロードの向かい風など、下ハンを持ちたい機会が多々出て来ました。しかしこのシャクレ位置だと僕の短い指では下ハンでブレーキレバーが遠くて握り難い⋯⋯

 

で、です。

上記の

 

(ちょっとだけ遠くを持ちたいポジション)

 

 

(偶には下ハンも握りたい)

 

の2つを同時に解決するのに、

 

(シャクレをやめてシフターの取り付け位置を1〜2cm下げりゃ良いんじゃ?)

 

と云う着想を得ました。

 

一方⋯⋯

僕のバイクはシマニョーロなんですが、コーラスシフターはまあまあ調子良くて、現状特にシフトには困って居ません。

けど極偶になんですが、左のフロント側で「ゴリっ」と云う軟骨潰す様な変な感触がしてシフトが上手く変速しない事があります(そう云う場合はコツがありまして、もう一回「軽→重」または「重→軽」にガチャガチャやれば普通にシフトします)。

けれどもまあ、じゃあどうせ外すならば折角なので新しいコーラスでも付けてみようじゃないかと。

(因みにカンパの公称としては、コーラスが既にデュラエースグレードとの事です。実際重量もコーラスの350gに対してスーレコは342gと正直大して変わりません。因みにデュラエースのシフターは365gです)

 

さて、ではコーラスでも買おうかと思ったところ、ガイツーで35000円の11sスーパーレコードを発見!

f:id:transonic-elite:20201124200003j:image

これは実質

「今ならコーラスご購入の方にはスーパーレコードへの無料ステップアップキャンペーン実施中です!」状態!

こんなの実質スーレコの無料配布キャンペーンじゃないですか!即ポチ以外の選択肢があるのですか?(いや、無い)

 

そんな訳で突如降って湧いたトランソニックのシフター スーレコ化計画。

 

まさか玉突きであれよあれよと言う間にビアンキnironeにまで大改修が及ぶとは、まだこの時は思わなかったのであります。

(その②へ続く⋯⋯(⁉︎))

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PVアクセスランキング