franz kafkaのゆるふわヒルクライム日記

ルノーとビアンキとトランソニックが、僕を高次階層の深淵へと連れて行ってくれる。

加速度センサーを中華に交換 〜pioneerパワーメーターには他社のケイデンスセンサーは不要です〜

少し前になりますが、後輪のハブに着けているガーミンの加速度センサーがブッ壊れました。

最初だけ同期が掛かるんですが、直ぐに同期抜けしてしまい、其の後は絶対に再同期しない、と云う症状が出始めました。電池を替えれば一回だけ復活するんですが、新しい電池に数回替えても直ぐにまた症状が出るので、

(コリャ電池じゃ無いぞ)

と云う事になりまして。

 

ん?でも、ガーミンもパイオニアGPS付きでしょ?スピード捕捉するから加速度センサー要らないんじゃ⋯⋯

と、思うじゃない?

けれども、山奥のヒルクラ多め、且つヒルクラ速度一桁km/h多めな、皆さんの想像を超える僕のゆるふわ過ぎるクライムだと、速度を捕捉し無い事屢々(しばしば)なのです。

 

(それにしても、ガーミンの加速度センサーの釦電池って、キツキツ過ぎて取り難過ぎませんか?安全ピンの針先で電池の側面を抉(こじ)ってやっと取れましたよ⋯⋯)

 

 

とは云うものの万年金欠の僕ですから、こんな小さなセンサー如きに6000円位でしたっけ?そんなに払うのもなんか馬鹿らしい。

 

じゃあwahooでいっか、とかも思ったのですが、ガーミンと大して値段が変わらない⋯⋯

 

そこで、禁断の中華センサーに手を出して仕舞いました。

f:id:transonic-elite:20190425192425j:image

 

何でも、ハブに着けて縦回転だと加速度センサー、クランクに着けて横回転だとケイデンスセンサーと云う

(本当かいな!?)

なセンサーです。お値段1900円位だったかな?

名前もxoss(クソス?)で、一寸だけ気になる所ですが⋯⋯笑

 

f:id:transonic-elite:20190425192430j:image

おお!

見た目は何と無くそれっぽくて遜色無いじゃん!

合格! 取り敢えず「見た目性能」は合格!笑

 

で、使ってみた感じ、漕ぎ出しのほんの0.数秒だけ、ガーミンのセンサーよりも捕捉レスポンスが遅い気がしますが、使用感には全く問題無いレベルです。

 

 

 

ー pioneerパワーメーターに別ケイデンスセンサーは不要です ー

 

ではでは、序(つい)でに遊びで、

(ケイデンスも本当に測れるんかいな?)

と、思ってtransonicのクランクのケイデンスセンサーを外してみたのです。

 

で、xossを着けてみようかと思ったら、おや?センサーが無いのにケイデンス拾ってるぞ?!

 

⋯⋯どうやら、パワーと同じく、pioneerで(知らぬ間に)計測していたケイデンスをPioneerサイコン経由でガーミン820jに送信してくれて居る仕様のようです!

pioneerのこの謎のマグネット板がケイデンスセンサーだったのね。

f:id:transonic-elite:20190425200235j:image

 

知らずに今迄ずっとガーミンのケイデンスセンサーも着けてたわ。

 

お!じゃあケイデンスセンサーが一個余ったじゃない!って事で、浮いたケイデンスセンサーはビアンキちゃんのクランクに装着しました。実質タダ!でビアンキちゃん用のガーミンケイデンスセンサーが手に入りました!やったね!

 

其れにしてもこいつはどうしようかなぁ。捨てちゃうのも勿体無いかなぁ⋯⋯。って言ってもセンサーは使え無いし、ゴムカバーだけ欲しい人居たらチームの誰かにあげようか⋯⋯。でもまぁ、こんなの要らないか。笑

f:id:transonic-elite:20190425200219j:image

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
PVアクセスランキング にほんブログ村