franz kafkaのゆるふわヒルクライム

RenaultとTransonic、Nirone、Roscoe達が、僕を高次階層の深淵へと連れて行ってくれる。

映画 実写版『弱虫ペダル』感想

公開日の仕事終わりにレイトショーで観て来ました。Twitterでは短過ぎて書ききれないのでこちらに書いてみます(問題ないレベルだとは思いますがストーリー以外の若干のネタバレ(自転車の使用パーツとか程度ですけど)注意です)。

f:id:transonic-elite:20200816034244j:image

 

正直、最初にこの実写化が発表された時には不安感(もっと本音言っちゃうと「地雷臭」)しかありませんでした。

 

(もう既に実写化あるじゃん)

とも思いました。

 

(キャスト達のイメージ違くない?)

とも思いました。

 

でも、なんだかんだで逆に観たくなってきて、

 

(別に結果地雷だったとしてもそれはそれで良いや。ネタとして楽しんで観てやろう)

 

と思って行って来ました。

 

結果、全て杞憂に終わりました。

 

俳優さん達の力なのか想像以上にみんな原作キャラの再現性が高かった。

尚且つ、以前の実写化ではマイナー映像作品故のコスプレ感も否めなかったのだけど(まあそれも込みで楽しかったのですが)、今回の実写化は髪色とか自転車シーンもよりリアル側に寄せて来てくれて、違和感無く観る事が出来ました。

 

ロード乗り視点(って言っても素人の僕程度ですけど)から見ても、

 

(本当のロード界ではそんなの有り得ねーよw)

 

みたいな違和感やツッコミ所はほぼ無かったですし、漫画ファン視点的にもちゃんと原作リスペクトされて居る感じがしました。

 

・小野田坂道(永瀬廉さん)

まず冒頭、実写坂道君のアニソンを歌う高い声が完全にアニメの坂道君と似ていて違和感無し。

 

で、裏門坂は見た目本当に斜度25%位はありそうなリアル激坂。あんなそっくりな場所どこで探して来たんだろう。

それにしても永瀬さん凄くないですか?あれ、ママチャリのシッティング(座り漕ぎの事)でどうやって登ってるんだ⋯⋯

 

撮影用に改造してギア軽くなんてしたらそれこそケイデンスで見る人が見たらすぐにバレるし⋯⋯

 

それと、ロードバイクを手に入れて覚醒した後の坂道くん(永瀬さん)はハイケイデンスにしてもケツが跳ねて無い。俳優さんなのに僕よりペダリング上手い。笑

僕なんてケイデンス110とか超えるとケツがサドルから跳ねて全然進まない。130以上は回せた事も無い。

それと橋本環奈さんがフロントディレイラーをブチ込んでくれた魔改造ママチャリ、僕も欲しい✨

 

 

今泉君(伊藤健太郎さん)

僕世代には懐かしい『今日から俺は』の神実写化でお馴染み。良く『拳児』見たさにサンデー買ってたっけ。

 

青×白のスコット製ロードバイク、原作みが有って良い感じ。

白いサドルは最近流行りの穴あきショートノーズサドルじゃん!ひょっとしてスペシャライズド製のパワーサドルかな?

一瞬チラッと見えたクランクはDURA-ACEっぽい。

 

今日から俺は』の伊藤役の伊藤さんもちゃんと伊藤に見えたけど(ややこしい)、今泉くんもちゃんと今泉くんに見える不思議。俳優さんの力なのかな?

弱ペダと全然関係ないですけど、何気に『今日から俺は』は今井(っていう同盟高のヤンキー。今泉くんじゃないよ)とかも実写の俳優さんが漫画のキャラそっくりでびっくりします。

 

あと伊藤さん、ロードで普通にスタンディングしてたけど、僕、MTBでもあんなにスタンディングスティル出来ないぞ💦凄くないか?

 

 

・鳴子くん

ピナレロ アングリル(?)

坂道君役の永瀬さんとツートップで、役者さんの声がアニメ版に似てる。

僕は大阪弁はよく分からないですけど、少なくともアニメの鳴子くんの声や話し方のイメージと違和感無く感じます。

田所おっさん先輩との銭湯や合宿でのジャレ合い。もはやボーイズラブ。笑

 

 

・田所先輩

合宿や大会でのオラオラスプリント 笑

サウナ対決 笑

何の背景説明も無くいきなり田所パンの搬入🍞笑 

凄く似合う笑

 

 

・金城先輩

他のキャラ同様、再現度が高い

図書館でのメガネ姿がいきなり優等生イケメンなので必見。

TREKの新型domane(?)じゃん!何シレッと最新のフレーム使ってんの⁈(羨ましい⋯⋯)

 

 

・寒咲幹(橋本環奈さん)

言わずと知れた「実写化間違いない職人」。

「はいよっ」って今泉くんのロードを奥に持って整備に行く感じ、慣れた自転車ショップ店員にちゃんと見える。

 

『キングダム』『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』『かぐや様は告らせたい』『今日から俺は

今回これらの伝説にもう一つ

弱虫ペダル

が加わったと個人的には思います。

 

もう一人の友達の女の子は、も少し原作に寄せても良かった気もしますが、寒咲ショップのぽっちゃり親父さんといい、敢えてそこは寄せて無いのかも知れません。

 

・杉元

原作同様のモブキャラ扱い 笑

台詞無いのに見た目だけでちゃんと杉元って分かっちゃうインパクト 笑

悪くないです。

 

・巻島先輩

今回一番ツボった。

髪色緑色やらスパイダーダンシングやら、

実写ではコスプレになり過ぎちゃいそうなところはセーブしつつも、巻島先輩のニヒルでアンニュイな感じは再現度凄く高かったです。

自然な台詞の流れで

「いや、それは無理ッショ。」

とか言ってたし。

 

 

あとは色が白くて痩せて神経質そうで手足も長い感じ、実際のクライマーによく居るタイプっぽいですよね?笑

 

坂道とのペア練習の峠、緑のガードレール〜KOMまで登って来る辺り、恐らくですが完全にジャパンカップの古賀志林道山岳コース。僕のプロフ写真のところです。いつも行くところなのでスクリーンに出て来ると嬉しいですね。

f:id:transonic-elite:20200817120848j:image

(この奥の緑のガードレール辺り)

 

 

 

それにしても、貰ったクリアファイルどうしよっか。大事にビニールから出さないままにして職場のマウスパッドにでもしようか⋯⋯

 

 

 

結論。漫画から来た人もアニメから来た人もロードから来た人もアイドル好きから来た人も、どなたも楽しめると思います。オススメです。

 

(尚、全員高校生には見えない模様⋯⋯)

 

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PVアクセスランキング